アメリカオハイオ州 AKRON(アクロン)とその近郊の町と生活情報を紹介します。尚、NY旅行、ミシガン情報も含みます。 ※リンクはAKRON地区生活関連に限定しています。コメントは認証制なのでお待ちください。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


石鹸つくり材料のお店
2008年06月11日 (水) | 編集 |
滞在中にいろんな方に石鹸つくりをお教えしてきましたが、多くの方に自分で材料を購入したいと尋ねられました。また、帰国前にどんなものを購入しておくといいかも含めてご紹介します。

 ☆石鹸つくり材料のお店
   固形石鹸をつくるには 苛性ソーダ、  液体石鹸をつくるには 苛性カリ
   が必要になります。これは日本では調剤薬局のような専門っぽい(ドラッグストアでない)
   ところでないと手に入らないことが多く、ネット上でも「どこで手に入りますか?」の質問
   がいっぱいだったりします。
   アメリカでは以前は下水管掃除のためにホームセンターなどにあったのですが、麻薬を
   作る人がいるとかで、ネット上でしか買えなくなりました。

   オイルを含め、Rainbow Meadowが一番よいでしょう。
   ミシガンのshopで発送もすばやいです。
   日本へもExpress便で送ってもらえます。(苛性ソーダなどの劇物が送れるかは不明)

   ・苛性ソーダ
   ・苛性カリ

   そのほか、Snowdriftfarm がいろいろ種類もあります。
   しかし苛性ソーダに関しては粒がRainbowMeadowより小さく、こぼれやすく、扱いにくいので
   個人的にはオススメしません。

   また液体石鹸や透明石鹸を作る際に必要なエタノールは飲んでしまう人がいるために、一般に
   販売しているところを見ません。E-BayなどでEthyl Alcoholといれて検索するのがよいです。
   一般的に石鹸で使うのは無水エタノールで99%アルコールのものです。   

   石鹸のオイルをいろいろ変更してオリジナルを作るときに、苛性ソーダの計算が楽にしてくれる
   ・せっけんつく?る
  
   Akron界隈でいろいろな種類のオイルを手に入れられるのは、
   マスターシード、クリーガーズ、Westpointとか。
   もちろん普通のスーパーでもオリーブ、アボガド、パーム、ピーナッツ、スイートアーモンド、セサミ
   など手に入りますけれどね。

   帰国の際、ぜひ持ち帰りたいのはソーダ類、アボガド・マカダミアナッツ・スイートアーモンドなど。
   日本じゃ恐ろしく高いのです。また質のいいパームやココナッツオイルもたくさんというわけには
   いきません。事前に購入し、しっかりしっかり梱包しておくのをオススメします。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。